So-net無料ブログ作成

TOEICスコアが150点以上UPする教材「スーパーエルマー」とは?   

TOEIC 新形式 [TOEIC 新形式]

2016年5月29日実施の、TOEICテスト第210回から新形式になっているようです。

以前のテストとどう変わったの?って思ったので、ちょっと調べてみたので変更点を記載しておきます。

TOEICの公式HPによると、

【Listening】

Part1 : 10問 → 6問
Part2 : 30問 → 25問
Part3 : 30問 → 39問
Part4 : 30問 → 30問

【Reading】

Part5 : 40問 → 30問
Part6 : 12問(3×4) → 16問 (4×4)
Part7 : 1つの文書 28問 → 1つの文書 29問
2つの文書 20問 → 複数の文書 25問

となっています。

toeic6.jpg

こうした変更点からテストの傾向を読み解いてみると、どうやら文法の理解度というよりも、リスニングと読解力が重視されているように思われますね。

ただ、実際に受けた人の感想を聞いてみても、周りの人が騒いでいるよりもそれほど心配することはないようです。

新形式ではリスニングで図の問題が導入されているということですが、図がどのように用いられるかというのを、公式問題集とかで知っておけば戸惑うこともないようです。

が、長文問題が増えているようなので、リーディングの時間管理は注意しておかなければならないようですね。

理想は、PART5とPART6を20分で終わらせて、残りの55分をPART7のために残すこと。55分あればPART7を解くのにかなり余裕ができるそうですよ。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」といいますが、情勢をしっかり把握しておくのも大事なことですね♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0