So-net無料ブログ作成

TOEICスコアが150点以上UPする教材「スーパーエルマー」とは?   
TOEIC 点数 ブログトップ

TOEIC 点数 [TOEIC 点数]

TOEIC(R)テストを受ける人、特に就職活動を控えた学生がいちばん気になるのが、就職活動において求められるTOEIC(R)テストの点数ではないでしょうか。

一般的には、平均的な企業であれば600点ぐらいで、人気企業を目指すならば730点のスコアが最低限必要といわれています。

上場企業の約7割が、採用時にTOEICの点数を参考にしており、もはやTOEICのスコアというのは、就職活動においては必須なスキルになっているんですよね♪

また企業が入社時に期待するスコアが、2011年時点では550点、2013年時点では565点と年々上がってきていることを踏まえると、今後就職活動を行う人は、TOEICのスコアは600点を目安に考えた方がいいかと思われます。

さらに、人気企業ではもっと高いTOEICの点数が求められるのは当然で、多くの企業がグローバル化が進んでいる中、意思の疎通ができない人間を採用するとは思えません。

逆を言えば、面接で候補者が横一線で複数人がいた場合、人気企業においては最終的に優先するのは候補者を比較できる英語力、TOEICの点数が合否を左右すると言っても過言ではないはずです。

toeic9.jpg

■600点以上を求める主な企業
出光興産・王子製紙・大正製薬・ダイワハウス工業・ニトリホールディングス

■700点以上を求める主な企業
NTT東日本・ファーストリテイリング・三菱電機・ヤマト運輸・ブリジストン・東京電力・東京海上日動・ソフトバンク

■800点以上を求める主な企業
楽天・UBS証券・日本IBM・野村ホールディングス・三菱東京UFJ銀行
※楽天とファーストリテイリングの英語の社内共通語化は、既に一般常識。

これらを見ると、トップ企業から実際に内定を得ている層はTOEIC800点レベルですら最低限以下なんですね。

これらのことから、やはり就職準備期間にはTOEICの点数というものから目をそらさずに、とにかく結果を残すということに全力を注ぐことが大事ですね♪





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
TOEIC 点数 ブログトップ