So-net無料ブログ作成

TOEICスコアが150点以上UPする教材「スーパーエルマー」とは?   

TOEIC 新形式 [TOEIC 新形式]

2016年5月29日実施の、TOEICテスト第210回から新形式になっているようです。

以前のテストとどう変わったの?って思ったので、ちょっと調べてみたので変更点を記載しておきます。

TOEICの公式HPによると、

【Listening】

Part1 : 10問 → 6問
Part2 : 30問 → 25問
Part3 : 30問 → 39問
Part4 : 30問 → 30問

【Reading】

Part5 : 40問 → 30問
Part6 : 12問(3×4) → 16問 (4×4)
Part7 : 1つの文書 28問 → 1つの文書 29問
2つの文書 20問 → 複数の文書 25問

となっています。

toeic6.jpg

こうした変更点からテストの傾向を読み解いてみると、どうやら文法の理解度というよりも、リスニングと読解力が重視されているように思われますね。

ただ、実際に受けた人の感想を聞いてみても、周りの人が騒いでいるよりもそれほど心配することはないようです。

新形式ではリスニングで図の問題が導入されているということですが、図がどのように用いられるかというのを、公式問題集とかで知っておけば戸惑うこともないようです。

が、長文問題が増えているようなので、リーディングの時間管理は注意しておかなければならないようですね。

理想は、PART5とPART6を20分で終わらせて、残りの55分をPART7のために残すこと。55分あればPART7を解くのにかなり余裕ができるそうですよ。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」といいますが、情勢をしっかり把握しておくのも大事なことですね♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEIC 問題 [TOEIC 問題]

通信講座のアルクに「TOEIC(R)問題 毎日トレーニング」というのがあります。

ありがたいことに、登録(無料)するだけでTOEICテストの過去の問題を、一部ですが閲覧できます。

TOEICテストがどういうものかまったく分からないという人は、その雰囲気を感じ取ることができるし、経費を掛けずに勉強がしたいという人にも重宝なものです。

毎日日替わりで3問ずつ出題されるので、TOEICテストを受けない人でも英語力のアップなために、毎日少しずつ問題に挑戦するのもいいかもしれませんね。
⇒「TOEIC(R)問題 毎日トレーニング」

toeic7.jpg

ほかにも無料でTOEIC対策や勉強ができるというサイトもあります。勉強のための費用はかけたくないという方は、こういったサイトを利用してみるのもいいかもしれません。
⇒「英語学習お助けサイト」
⇒「TOEICスコアアップナビ」
⇒「Online TOEIC Practice」


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

TOEIC 通信講座 ランキング [TOEIC 通信講座 ランキング]

TOEIC(R)テストの対策通信講座には十数社がありますが、有名なところではユーキャン、アルク、Z会、TAC通信教育に絞られると思います。

TOEIC(R)テストを受験しようとなれば、参考書などを買い込み独学で勉強をするのか、あるいはTOEICの通信講座を受講するかのどちらかになるのではないでしょうか!

でも、独学で勉強しようと思う方は別にして、通信講座を受講してTOEIC(R)テストを受験しようとすれば、最初に考えることはどこを選んだらよいのかということですよね。

toeic5.jpg

先に挙げたTOEIC(R)テストの対策通信講座の4社は、これまでの実績などから有名になったところではありますが、それぞれに一長一短があり特徴があります。

そうした特徴を踏まえ、口コミや管理人の感じたところからおススメのランキングを作成しました。納得いく、いかないがあるかもしれませんが、そういう意見もあるということで参考にしていただけたら幸いです。

1位 アルク

・カリキュラムに沿って進めていける点。
・内容は、興味を持って進めることができる内容で飽きなかった。
・ポイントはしっかり押さえられている。費用対効果はある。
・ウェブサービスの良さに定評があった。
・分かりやすく、実践的。
・テキスト、演習など充実していました。
・説明がわかり易くてためになった。
・比較的わかりやすい教材。

2位 Z会

・結果的には点数があがったので満足。
・基礎力を再度確認できた
・大手なので信頼性がある。
・テキストの質は良かった。
・無駄な付録などがなく、実用的。

3位 ユーキャン

・コース別がたくさんあること。
・自分の学習ペースで受講できたことにより、無理なく挫折することなく続けられ、目標を達することができたこと。
・試験直前に案内を頂いた。
・カリキュラムがしっかりしていたので安心感があった。
・対策がしっかりしていた。特にネイティブの発音に関しては、母音と子音のつながりなどが詳しく説明されていた。
・親切で、丁寧な対応で大満足。

4位 TAC通信教育

・カリキュラムが進めやすかった
・講師のレベルが高かったこと
・会社から受講費の補助を受けられた。
・全般的に分かりやすかった。



早割実施中!アルクのNo.1英語教材、1000時間ヒアリングマラソン